はじめての対局見学ツアー

8月5日、いつつ将棋教室東京府中校では、夏休みの特別企画として対局見学ツアーを実施しました。

当日、朝に千駄ヶ谷の駅にみんなで集合し、いざスタートです。

鳩森八幡神社を参拝

さて、ツアーの最初に目指すのは、鳩森八幡神社です。鳩森八幡神社といえば、日本将棋連盟の向かいに位置し、敷地内にある将棋堂には、一年を通してたくさんの将棋ファン、棋士や将棋関係者が様々な祈願をしにやってくる、いわば将棋の聖地です。

慣れないながら、大人の見よう見まねで手と口を清めたり、二礼二拍手一礼をしたり、とてもかわいい姿になんだかほっこりしました。みんなとても熱心にお祈りしていましたが、いつつの生徒たちは、神様に一体何をお祈りしていたのでしょうか。

将棋の神様に一生懸命お祈りする子どもたち

さて、鳩森八幡神社の参拝が済んだら、いよいよメインイベント対局見学が行われる日本将棋連盟へと向かいます。

プロの対局の緊張感

この日見学させていただくことになったのは、なんと竜王戦本戦トーナメント、永瀬拓矢叡王と木村一基九段(見学当日の段位)の1番。木村一基九段といえば、先日「王位」を奪取したばかり。思わぬトップ棋士どうしのカードに私もとても緊張しました。

そんな、大人たちのピリッとした空気が伝わったのか、いつもの将棋教室とは違うと察したのか、ついさっきまで和やかムードだった子どもたちが、対局室に足を踏み入れた瞬間、真剣な面持ちになりました。私も現役時代緊張しながら対局へ向かったものです。

30分くらい前に入室。皆正座大丈夫かな、おしゃべりしないようにね、と内心ひやひやとしていましたが、皆思いの外、正座もがんばっていました。棋士が入室してからは、後もずっと張り詰めた空気のまま。この空気を感じてほしいなと思いました。しばらくしてから振り駒がはじまりました。まずは、木村王位による初手、続いてによる永瀬叡王2手目、と実は見学出来たのはここまでだったのですが、ほんの一瞬、だけど、張り詰めた空気はとても重たく、二人の時間だけ止まっているように感じました。

対局見学の終了後、時間のある子どもたちはそのまま残って道場で将棋を指して帰ることになりったのですが、プロ棋士の姿に感化されたのかいつも以上にやる気に満ち溢れています。中には、「僕、将来大きくなったらプロ棋士になる」なんて子もいて。

プロ棋士の対局見学から子どもたちが何かを感じ取ってくれるといいな

今回のような対局見学は、いつつ将棋教室としては初めての試みだったのですが、本当にやってよかったと思っています。中には、やはり影響を受けたか、1年生の女の子の生徒は夕方の6時くらいまで将棋を指し続けたようで、
お母様も驚いていました。
今回の経験を通して、子どもたちが将棋に取り組む姿勢に変化があったように思い嬉しく感じています。
本当にありがたい経験をさせていただきました。
子どもたちにとって、夏休みのいい思い出ができたということもそうですが、何よりプロ棋士というホンモノに触れてもらえたというのが1番の収穫だったかなと思います。

子どもたちは大人より何倍も感受性が豊かですから、きっと色んなものを感じ吸収してくれたんじゃないかなぁと思います。

プロ棋士の指導を受けよう

いつつ将棋教室では、子どもたちにホンモノに触れてもらいたいという思いから、プロ棋士の先生から直接指導が受けられる特別プログラムを組んでいます。10月の特別プログラムでは、深浦康市九段をお招きし、特別講座や指導対局を行いますので、プロ棋士を間近で感じたいという方は奮ってご参加ください。

『プロ棋士による子どもための将棋講座』 シリーズのご案内 ゲスト:深浦康市九段

体験会お申し込みフォーム

以下の項目を入力し送信ボタンをクリックしてください

神戸元町校東京府中校
希望コース
参加日時
お子さんのお名前
(子ども教室の場合)
(ふりがな)
(子ども教室の場合)
お子さんの年齢
(子ども教室の場合)
お名前
メールアドレス
携帯電話
特記事項


※体験会時の様子により、ご入会いただけない場合もございます。予めご了承ください。
※お子さんがお二人以上、もしくは保護者の方がお二人以上の場合も記載願います。
※専門コースおよび選抜コースの体験会参加費は1500円(税込)になります。

プライバシーポリシー

i-tsu-tsu.co.jpからのメールを受信できるように設定してください。

ページの先頭へ戻る