専門コース

得意戦法を身に付け初段を目指すためのクラスです。

コンセプト

将棋教室専門コース

1. いろんな戦法を身に付けるための特別カリキュラム

専門コースは、様々な戦法を身に付けることで、初段を目指すコースです。オリジナルのカリキュラムに沿った講義と実戦で、複雑な戦法についても体系だって学習することができます。

2. 講師による対局アドバイス

生徒どうしの対局を見ながら棋力向上のためのアドバイスをします。講義で学んだ戦法がきちんと身についているかも確認していきます。
※専門コースは東京府中校のみです。


講師

中座真七段(日本将棋連盟プロ棋士)

中座真七段

北海道稚内市出身。稚内観光大使を務める。小学4年生の時、「全国こども将棋名人戦」3位入賞。1981年11月に奨励会入会。小学6年生で上京。1996年4月1日、四段プロ入り。横歩取りにおける後手の戦法「横歩取り8五飛」(中座飛車とも)を生み出し、「升田幸三賞」を受賞。日本将棋連盟こども将棋スクール他多数の講師を務める。著書に『横歩取り8五飛戦法』(2001年2月、日本将棋連盟)、『よく分かる相掛かり』(2012年マイナビ将棋BOOKS)、『中座の横歩取り』(2015年マイナビ将棋BOOKS)、『相掛かり新常識』(2018年2月、マイナビ将棋BOOKS)。

川﨑直人(元奨励会三段)

川﨑直人先生

1990年生まれ、北海道札幌市出身。元奨励会三段 勝浦門下。奨励会員時代に、日本将棋連盟道場のビギナーズセミナー、子どもスクール、遊々将棋塾、レディスセミナーの講師を兼任。教え子で奨励会に入会した子も多数。タイトル戦などの記録係なども多く勤めた。

中倉彰子(女流棋士)

女流棋士 中倉彰子

株式会社いつつ代表取締役。女流棋士。女流アマ名人戦連覇後、94年高校3年生で女流棋士としてプロデビュー。プロとして公式戦を戦うだけでなく、穏やかな話しぶりや落ち着いた雰囲気が人気を集め、NHK杯将棋トーナメントなど、テレビ番組の司会や聞き手、イベント司会などでも活躍。私生活では3児の母親でもあり、育児と仕事の両立に奮起。将棋と知育、育児を結びつけるような活動を幅広く展開し、2015年10月株式会社いつつを設立、代表取締役に就任後、「はじめての将棋手引帖」をはじめとした子ども向け将棋グッズの開発のほか、第74期名人戦第3局で使用された将棋盤駒を使った親子向け将棋イベントの開催など幅広く活動する。女流二段。法政大学人間環境学部卒。