選抜クラス

初段から二段・三段・四段とさらに上を目指すためにクラスです。プロ棋士による大盤解説、指導対局によるレッスンがメインとなります。生徒どうしでのリーグ戦なども行います。

コンセプト

選抜クラス

1. プロ棋士による直接指導

選抜クラスでは、プロ棋士の中座真七段が講師を務め、実力の向上と実戦を意識した指導を行います。

2. ライバルたちと切磋琢磨

選抜クラスでは、初段に満たない場合は入会できません。リーグ戦などを通じ棋力が拮抗するものどうし切磋琢磨することで、お互いに高め合うことを目指します。

※入会にあたっては、講師による棋力判断を行います。
※選抜クラスは東京府中校のみです。


講師

中座真七段(日本将棋連盟プロ棋士)

中座真七段

北海道稚内市出身。小学4年生の時、「全国こども将棋名人戦」3位入賞。1981年11月に奨励会入会。小学6年生で上京。1996年4月1日、四段プロ入り。横歩取りにおける後手の戦法「横歩取り8五飛」(中座飛車とも)を生み出し、「升田幸三賞」を受賞。日本将棋連盟こども将棋スクール他多数の講師を務める。日本将棋連盟奨励会幹事を3年務める。著書に『横歩取り8五飛戦法』(2001年2月、日本将棋連盟)、『よく分かる相掛かり』(2012年マイナビ将棋BOOKS)、『中座の横歩取り』(2015年マイナビ将棋BOOKS)、『相掛かりの新常識』(2018年2月、マイナビ将棋BOOKS)。